よくある質問

よくある質問

1. ホノルルネイルアカデミー卒業後、ライセンスを取得したらハワイで働くことができますか?
2. 滞在先のサポートは、ありますか?
3. 英語のレベルはどのぐらい必要ですか?
4. 日本でネイルスクールを卒業しましたが、ハワイ州の試験を受験するには、ハワイのスクールに初めから通わなければいけませんか?
5. ハワイ州の試験について
6. ハワイ州の試験の費用や内容は?

Q1. ホノルルネイルアカデミー卒業後、ライセンスを取得したらハワイで働くことができますか?

ホノルルネイルアカデミー受講の際に取得するM-1ビザでの就労は法律で認められておりません。ライセンス受験に合格しても、M-1ビザではライセンスは発行手続きはできず、合格証(Certificate)の発行のみとなります。ただしM-1ビザから就労が可能な何らかのビザに変更する事ができれば、合格後のライセンス発行手続きも可能となります。後々ビザを変更してハワイで働くことを考えておられる方は、就労が可能な何らかのビザが取得できた上で、ネイルテクニシャンの試験を受験されることをお勧めいたします。 ビザステータスの変更に付きましては、弁護士又は、専門家に直接お尋ねください。

Q2. 滞在先のサポートは、ありますか?

ホノルルネイルアカデミーで住居のサポートはしておりませんが、下記のエージェントにお尋ねください。
〈参考サイト〉
アロハロード http://www.aloha-road.com
EAGLEトラベル http://www.eagle-ryugaku.com
(株)イーストマンワールド http://www.eastman-w.com
ハワイ留学センター http://www.hawaiiryugaku.com

Q3. 英語のレベルはどのぐらい必要ですか?

ハワイという土地柄もあり、人口の60%は英語をセカンドランゲージとする人々が暮らしております。日本人、韓国人、中国人、ベトナム人、タイ、フィリピン・・・ホノルルネイルアカデミーの受講者の中にも英語が苦手な方もおります。テキストの内容や専門用語が理解できないというのはもちろんです。その為の専門学校であり、インストラクターです。しかし、先生やクラスメイトとのコミュニケーションが英語でとれなければ、テキストのわからないところの説明や、どこがわからないのかもインストラクターは把握できません。正しい知識も身につける事ができません。テキストの単語は高校生レベルのものです。ポイントは英語で自分の意志を相手に伝えられるかということだと思います。もちろんわからない単語は前もって調べて授業に望むことは大前提です。

Q4. 日本でネイルスクールを卒業しましたが、ハワイ州の試験を受験するには、ハワイのスクールに初めから通わなければいけませんか?

日本の美容師は国家試験制度となっておりますので資格を持っている人は、アメリカで一からスクールに通う必要はありません。しかし、ネイルに関しましては各団体で行っているネイル検定のみで、国家試験制度がありませんので、アメリカでは教育(資格)としては認められておりません。基本的にはアメリカのスクールに通い日本では不足がちな学科を一から学ぶ必要があります。技術があれば良いという事ではアメリカでは通用しません。勉強するということに無駄も終わりもありません。日本とアメリカの授業内容や考え方も違います。ただし、正式な資料などの提出によって、多少の時間帯の免除がある場合もあるようです。詳しくは直接ライセンス発行機関DCCAにおたずねください。
DCCA 電話 (808)-586-3000
Department of Commerce and Consumer Affairs
http://www.hawaii.gov/dcca

Q5. ハワイ州の試験について

ハワイ州の試験を受けるか受けないかは自由です。ローカル(ハワイ在住)の方は、ほぼ100%就労を目的としておりますので、ホノルルネイルアカデミー卒業後、必ずハワイ州の試験を受けてライセンスを取得します。インターナショナルスチューデント(日本からの留学生)は、Q1でもご説明いたしましたが、M-1ビザでの就労は認められておりませんので、必ずハワイ州の試験を受験しなければいけない訳ではありません。しかし受験にチャレンジされCertificateを取得し日本でネイルテクニシャンとして有効な特別なキャリアとして利用出来ることと思います。「卒業後滞在できる期間(1ヶ月間)でライセンスを受験できるか否かは、テストセンターの受験日の日程によりますので、必ず受験してから帰国できるという事はお約束できませんのでご了承ください。 でも卒業後3年以内でしたら受験が可能ですので、次回の渡米の際に受験のみをされることは可能です。また何らかの就労ビザをお考えの方は、受験前にビザの申請をされることをお勧めいたします。
*M−1ビザ以外に関するビザのお問い合わせは、専門家にご相談ください。

Q6. ハワイ州の試験の費用や内容は?

試験は年3回(1月末、5月初旬、10月初旬)となっており、申し込み締め切りは試験日の約7週間前までとなっております。どうしてもこの年3回の試験に予定をあわせる事が出来ない方は、「Walk-inシステム」というものがあり、通常の受験料(80ドル)プラス$50で、月一回の特別枠で受験することができます。特別枠の日程はそのつど変更いたしますので、ご希望の際はテストセンターにお尋ねください。       
プロメトリックテストセンター:http://www.prometric.com/Hawaii/default.htm   
申込金$20、受験料$80(+$50Walk-in)、一時的な労働許可証$40(就労ビザ所持者のみ)、ライセンス発行料$100(就労ビザ所持者のみ、2年に1度の更新が必要)、Certificate$15(1枚)。試験はテキストより100問、ハワイ州の法律より10問の合計110問で、全て4択問題です。すべて英文で、辞書の持ち込みはできません。

上記のQ and Aでご紹介しているサイトは参考までにリンクしてあります。ご本人で直接お問い合わせ下さい。リンク先でのトラブル等についてホノルルネイルアカデミーは、一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
< 参考サイトまとめ>
アロハロード http://www.aloha-road.com
EAGLEトラベル http://www.eagle-ryugaku.com
(株)イーストマンワールド http://www.eastman-w.com
ハワイ留学センター http://www.hawaiiryugaku.com
DCCA http://www.hawaii.gov/dcca                        
プロメトリックテストセンター:http://www.prometric.com/Hawaii/default.htm   

その他質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。


といあわせ 資料請求